「5月 定例学習会」の報告

投稿者: | 2021-06-17

2021年5月8日(土)ZOOMオンラインで開催  参加者8名

テーマ:「通信高校でのオンライン教育における、ジェンダー、フェミニズム、差別問題を考える」実践報告(参加生徒14名)
レポーター:西野僚真さん(高等学校教諭)

参加者の感想
〇匿名での参加なので、やりすぎる生徒もいるかと思ったが、それはなかった。
〇子どもたちは思っていた以上に、問題意識を持っているんだと感じた。
〇第2波フェミニズムを構造的に考える。参加していた男の子たちが、女性差別だけじゃない、第3波フェミニズム、それを勉強すれば、気もちが楽になるかもしれない。
〇今回の授業では、構造的な部分を考えるまではいかなかった。
〇現在勤めている高校において、皮膚感覚で感じる彼らの課題をどう取ってどう返すかをみんなに伝えられるようにしたらいいと思う。〇子どもたちを教えている人たちの実践を聞いて過去の自分の実践を思い出した。今後も話していただきながら、私たちの実践も振り返りながら、学習会に参加したい。期待しています。

発表者の感想
〇発表する機会があって良かった。自分の実践を振り返ることができた。指摘をいただき、感心等、自分になかった視点がわかった。いつも見る側だったので、実際に発表することで改めて気づくことがあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。